PXE/PXEブートとは

Top / PXE / PXEブートとは

Pre-boot Execution Environment、プレブート実行環境。PXEに対応したネットワークカードが、ローカルのハードディスクのOSの起動より先にネットワークからブートイメージを持ってきて実行する。

全部ネットワーク越しの実行なので、その場に行かなくていいとかいろいろ便利。

PXEブートの手順

必要なもの

  • サーバ側
    • DHCPサーバ
    • PXEサーバ
    • (M)TFTPサーバ
  • クライアント側
    • PXEクライアント(対応ネットワークカードに内蔵)

手順

  1. クライアント側のコンピュータでPXEクライアントが起動して、DHCPサーバにPXEサーバのIPアドレスを要求する。DHCPサーバはPXEサーバのIPアドレスを返す。
  2. PXEクライアントがPXEサーバに対してブートストラッププログラムを要求する。
  3. PXEサーバはブートストラッププログラムをMTFTPを使って送る。
  4. PXEクライアントが、ダウンロードしたブートストラッププログラムを実行する。あとはよしなにメニューがでたりいろいろ。

補足

  • MTFTP
    • TFTPは簡易版FTP。認証が不要。MTFTPとの違いは調べてないのでよくわかんない。

Last-modified: 2011-10-12 (水) 20:12:05 (2474d)